Home » 未分類 » カードローンと在籍確認について
#未分類

カードローンと在籍確認について

ec30pq27nm14

カードローンの審査で重要になってくるのが、在籍確認です。カードローンというのは、担保や保証人がない状態でも、必要な現金を借りる事ができるサービスです。ただ、本人が働いて、安定した収入を得ている事が条件になります。その為、審査の際には、年収や雇用形態、勤続年数等、収入や職業に関する申告をする必要があります。ただ、高額な借入を希望する、既に他社で多くの借入があるという場合を除いて、審査や契約の際に提出する書類は、身分証明書のみで良いという事になっています。身分証明書の中でも、社会保険の健康保険証であれば、申告した企業に在籍している事の証明に繋がりますが、運転免許証やパスポート等では、申告のあった企業に在籍してるかどうかを確認する事ができません。申告をした人が、本当に申告通りに働いていない場合、お金を貸しても、返済をして貰えない可能性があります。その為、カードローンの審査では、その人が申告した企業で本当に働いているかどうかを確認する在籍確認が行われます。

確認は、その企業に電話をして、審査を受けている人を呼び出して貰うという形で行われます。この時、本人が出なければいけないのではないかと考える人もいますが、「席を外しています」という返事が返ってきた場合でも、その人が在籍すると認められ、審査は終了となります。勤務先に消費者金融等から電話がかかってくるのは困ると考える人も多いでしょう。その為、在籍確認は、消費者金融名等は名乗らず、スタッフの個人名で電話をし、電話に出た人が本人以外であれば、審査であるという事は伝えません。ですから、気づかれる事なく、審査が完了するという事が殆どです。在籍確認に抵抗を感じる人は少なくありませんが、担保や保証人なしでお金を借りる為には必要な審査となっています。ですから、余程の事情がない限り、在籍確認は受けておく事がおすすめです。それにより、希望通りの限度額を借りやすい状態を作れます。